【調査】ラムダッシュ更新計画。さっさと買うべきか否か?【6枚か5枚か?】

 いつもご覧いただき、ありがとうございます。

 わたしが愛用しているシェーバーはパナソニックのラムダッシュです。パナソニックのシェーバーはわたしが社会に出てから15年以上愛用しており、現在のラムダッシュは10年目です。

 現在でも普通に使えるのですが、今後を見越して更新を考えています。本日はそんなお話しです。

 ちなみに前回お風呂用に導入したラムダッシュのレビューは以下のリンク先参照。

引用元:パナソニック

導入理由。

 導入理由は以下の通りです。

  • 現在のシェーバーが10年経つので、電池持ちが心配。
  • パナソニックによる値上げや値下げできない状況ができかねないから。

 つまり今使えはするものの、今後壊れた時に今の価格で導入できるかどうか?というものが不透明になってきたからです。

現在所有してるシェーバー。

 現在所有しているシェーバーはパナソニックラムダッシュの5枚刃。型番は「ES-LV52-R」で、価格は当時の値段で11,980円でした。

 5枚刃として考えたら超安い値段ですが、実はこれは前モデルのため安くなっているのです。

 実は過去にお風呂で剃ることを想定して同じ5枚刃のラムダッシュお風呂用も考えたのですが、当時の値段で3万円もすることもあり、導入をすることなく充電中でも使えるモデルを買いました。

 現在でも普通に使えることができ、2週間ぐらいで電池がヘタれるのは仕様。だから問題ないけど今後電池持ちやら刃の交換やらを考えたら正直今後も使うのは考えなければならないと思いました。

シェーバーの進化はそこまでない。

 シェーバー購入から10年。この間にパナソニックのシェーバーは進化を遂げました。

 しかし、その進化は数年に1回にあるかどうかで基本的にマイナーチェンンジになっています。つまりそこまで進化はしていないということです。

 少なくとも進化してる点は「ローラーがついた」「6枚刃が追加された」ぐらいです。その分4枚刃は廃止になっているため、3、5、6の体制になっているのでしょう。

パナソニックの台所事情。

 そう考えたらいつでも同じような性能で買えるわけです。

 しかし昨今の円安や物価高騰による値上げはパナソニックだろうが他の企業だろうが煽りを受けており、パナソニックは2022年だけでも数回値上げを敢行。

 2023年にも電材を中心に最大4割ほどの値上げを計画していることもあって、この時期に買わなければ今後バカ高い価格になりかねないからです。

 現実、アップル製品やダナーライトも2割以上の値上げを敢行していることもあり、高額なラムダッシュも大幅な値上げが今後予想されます。

 ハイエンドモデルのES-LS9BXも価格が66,000円になってますが、仮に2割値上げになった場合79,200円と洒落にならない価格になりかねない。

 またパナソニックは近年「指定価格」を導入しています。これは「値下げができない代わりに返品ができる」というものです。

引用元:時事通信

 これはアップルやダイソンでも導入しているいわば固定価格です。どこのお店に行っても価格が下がることはメーカーが指定しない限りありません。それをパナソニックが導入しているわけです。

アップル製品が2週間以内なら問答無用で返品ができるのも潤沢な資金もさることながらこういった指定価格の面もあるかもしれません。

 現在ハイエンド製品を中心に導入されており、以前導入を検討していたワイヤレスイヤホン「EAH-AZ60」も対象に入っています。

 これら指定価格商品は公式サイトからパナソニックの通販サイトにリンクが貼られているので、パナソニックで買おうがAmazonで買おうがエディオンで買おうがビックカメラやケーズデンキで買おうが同じ価格になるのです。(ポイント還元含めて値上げしてるところもある)

 小売にとっては在庫を抱えることがなくなる(=パナソニックが在庫を抱えることになる)というメリットがありますが、買う側の我々にとってはメリットがありません。アップルやダイソンのように「これでなければ嫌」というのがなければ買わなくなりかねないからです。

 ラムダッシュは現時点で指定価格になっていないため、ハイエンドのES-LS9BXはAmazonで4万円少しで買うことができます。今後新製品やこれも対象になったときは(この商品は)66,000円でしか買えないということです。それは非常にまずい。

 もちろん壊れた時に買うのが通例なんですけど、これらの台所事情があり今後を見込んで安いうちに導入する方がいいと判断して今回計画しているわけです。

導入を検討する上で考えてること。

 今使ってるラムダッシュで5枚と3枚で全然違います。

 お風呂用に使ってる3枚は刃の枚数が少ないのとケチって首振りなしのを選んでしまったため、剃りすぎると血が出てきてしまい肌に悪いです。

 いくら肌のためにお風呂用を買ったとしても時間や血が出る問題があれば本末転倒。まぁ、使いますけどね・・・

 ということで、価格と利便性、剃り心地や時間を選んでみることにします。

価格調査。

引用元:パナソニック

 以下に価格とキャッシュバックでどうなるかをまとめました。現在パナソニックではラムダッシュを購入するとキャッシュバックで現金か電子マネーへの変換ができるキャンペーンを行なっております。締め切りは2023年1月31日まで。

型番価格キャッシュ
バック
実質価格枚数お風呂
対応
洗浄機
ES-LS9BX45,5605,00040,5606
ES-LS9P40,0404,00036,0406
ES-LS5B27,5603,00023,5606
ES-LS5P27,5603,00023,5606
ES-LV9V29,9703,00026,9705
ES-LV7V25,5302,00023,5305
ES-LV7H26,3302,00024,3305
ES-LV5V21,9602,00019,9605
ES-LV5H22,1002,00020,1005
価格はヨドバシカメラで2022年12月19日現在のものです。

 わたしが購入した時と比べて倍近くの値段を要しますが、それでも以前アウトレットで買おうかどうか考えてた頃の5枚刃の価格とほぼ似たような価格になっています。(ただ、あっちは洗浄機がついてる)

ハイエンドモデルならではの機能。

 ハイエンドであるLS9BXは6枚であるのと同時にお風呂で剃ることが可能です。

 それ以上にメリットがあるのは「6枚刃は内刃と一体型」であることとハイエンドのみ「ケースがUSB-Cに対応している」ことです。

 6枚にすることによって刃を再設計した結果、内側の刃を一体型にすることができるようになりました。それによって交換が非常に楽になったわけです。

 ただし、価格もそれなりにします。定価でも1.3万円はかかるので、維持費としては高いほう。でもAmazonで購入する際は5枚の8千円程度(執筆時点)と大して変わりません。

写真はPixel Buds Proです。

 あとケースのみUSB-C対応は非常に大きく、専用の充電器を持たなくて済むので出張等で荷物が嵩張るのを防いでくれるので便利です。個人的に本体含めてさっさと全部USB-Cにして欲しい。(ただ、充電時間は長くなるそうだが)

5枚でも剃り残しはある。

 5枚で現状使っているのですが、それでも改めて見たら剃り残しが見える時があります。

 6枚にしたら大きな変化は見込めないでしょうけど、それでも5枚と比べて良くはなるんじゃないでしょうか?

 それ以上にメンテナンス性が格段に良くなったことが大きいと思います。価格はそれなりにしますが。

結局買うとしたら?

 個人的に買うんであれば4倍はしますけどLS9BXかな?

 やはりUSB-Cが大きいと思います。

 普通に使うんであれば一番安いLV5シリーズでも十分。洗浄機がないのと5枚刃ですが、3枚のお風呂用でも1万円を超えることがあるので、長期に使うことと時短が見込めることを考えたら少し出してでも5枚以上にした方がいいとわたしは思います。

 なお、洗浄機は1年で壊れることがあるので、これは好き好き。

まとめ。

 まとめです。

 今回ラムダッシュのメイン機の更新計画ということで書いてみました。

 基本的にパナソニックのシェーバーは数年に1回のメジャーアップデートしかなく、毎年新製品が発売されますが、ほとんど変わっていません。

 だからいつ買っても問題はありません。

 ただ、近年の物価高騰による値上げとパナソニックによる指定販売の導入により今後やすく買えるかどうか不透明、むしろ高くなる可能性の方が高いので今買わないとまずいなぁと感じたわけです。

 多分今後のことを見据えて6枚刃にする予定ですが、そこまでいらないのであれば5枚刃の一番安価なモデルでも十分です。洗浄機は便利ですが壊れやすいので好き好きです。

 わたしはUSB-CのケースがついてるLS9BXにしようと考えてます。

 もう少し検討して導入を考えていきたいと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP