【携帯電話】iPhone12ユーザーがiPhone13に買い換えるべきか?【マイナーチェンジだけ】

 いつもご覧いただき、ありがとうございます。

 先日発売されたiPhone13シリーズですが、いろんなサイトや動画、自分で家電量販店で調査しました。

 やはり気になるところはやっぱりiPhone12シリーズから買い換えるべきか?ということですね。

 結論から言えば、先日も書きましたが不満がない&新機能が必要な限り買い換える必要はないです。

 前回は簡単に書きましたが、今回は性能面等で比較して買い換えるべきかどうかを改めて考察します。

iPhone13シリーズのパーソナルデータ。

 実際12シリーズから変わったのは以下の通り。

  • カメラ性能。
  • 手ぶれ補正や夜間撮影に強くなった。
  • 電池持ちが良くなった。
  • 画面が明るくなった。(輝度)
  • 基本性能は共通化。

 以下にiPhone13シリーズのパーソナルデータをまとめました。比較対象としてiPhone12シリーズも掲示します。

iPhone13iPhone13
Pro
iPhone12iPhone12
Pro
iPhone12
Pro Max
サイズ5.4
6.1
6.1
6.7
5.4
6.1
6.16.7
CPU/GPUA15
4コア
A15
5コア
A14
4コア
A14
4コア
A14
4コア
最大輝度(標準)800ニト1,000ニト625ニト800ニト800ニト
最大輝度(HDR)1,200ニト1,200ニト1,200ニト1,200ニト1,200ニト
120Hzレート
レンズ広角:ƒ/1.6 絞り値
超広角:ƒ/2.4 絞り値
望遠:ƒ/2.8 絞り値
広角:ƒ/1.5 絞り値
超広角:ƒ/1.8 絞り値
広角:ƒ/1.6 絞り値
超広角:ƒ/2.4 絞り値
望遠:ƒ/2.0 絞り値
広角:ƒ/1.6 絞り値
超広角:ƒ/2.4 絞り値
望遠:ƒ/2.2 絞り値
広角:ƒ/1.6 絞り値
超広角:ƒ/2.4 絞り値
ズームレンジ2倍6倍2倍4倍5倍
写真ズーム機能2倍の光学ズームアウト
最大5倍のデジタルズーム
3倍の光学ズームイン
2倍の光学ズームアウト
6倍の光学ズームレンジ
最大15倍のデジタルズーム
2倍の光学ズームアウト
最大5倍のデジタルズーム
2倍の光学ズームイン
2倍の光学ズームアウト
4倍の光学ズームレンジ
最大10倍のデジタルズーム
2.5倍の光学ズームイン
2倍の光学ズームアウト
5倍の光学ズームレンジ
最大12倍のデジタルズーム
センサーシフト
手振れ補正
ナイトモード
HDR44333
マクロ撮影○(2cm)
フォトグラフスタイル
シネマティックモード
(動画でポートレート)
動画ズーム機能2倍の光学ズームアウト
最大3倍のデジタルズーム
3倍の光学ズームイン
2倍の光学ズームアウト
最大9倍のデジタルズーム
2倍の光学ズームアウト
最大3倍のデジタルズーム
2倍の光学ズームイン
2倍の光学ズームアウト
最大6倍のデジタルズーム
2.5倍の光学ズームイン
2倍の光学ズームアウト
最大7倍のデジタルズーム
ProResビデオ撮影○(128GBは1080p)
フロントカメラƒ/2.2絞り値ƒ/2.2絞り値ƒ/2.2絞り値ƒ/2.2絞り値ƒ/2.2絞り値
ビデオ再生19時間
17時間(mini)
28時間(Max)
22時間
17時間
15時間(mini)
17時間20時間
eSIM○(デュアル)○(デュアル)
厚さ7.65mm7.65mm7.4mm7.4mm7.4mm

 ここからわかるのは、通常盤とミニも新機能が要らない場合は買い換える必要はありません。ただ、ナイトモードや手振れ補正が通常版にも搭載されているので、悩ましいところです。これらは通常の使用に対してアドバンテージがあります。

 また、大きく差が開いたのはやっぱりProだと思います。iPhone13シリーズでProにしかないものは以下の通り。

  • リフレッシュレート120Hz。
  • マクロ撮影
  • 望遠レンズ(3倍)
  • Pro Resビデオ撮影。

 パワーアップさせたい場合を除き、やはり買い換える必要は出て来なくなります。次にその買い替えを考えてみます。

大幅に性能アップした通常版。

 もう一度、iPhone13およびiPhone12の比較を掲示します。

iPhone13iPhone12
サイズ5.4
6.1
5.4
6.1
CPU/GPUA15
4コア
A14
4コア
最大輝度(標準)800ニト625ニト
最大輝度(HDR)1,200ニト1,200ニト
120Hzレート
レンズ広角:ƒ/1.6 絞り値
超広角:ƒ/2.4 絞り値
広角:ƒ/1.6 絞り値
超広角:ƒ/2.4 絞り値
ズームレンジ2倍2倍
写真ズーム機能2倍の光学ズームアウト
最大5倍のデジタルズーム
2倍の光学ズームアウト
最大5倍のデジタルズーム
センサーシフト
手振れ補正
ナイトモード
HDR43
マクロ撮影
フォトグラフスタイル
シネマティックモード
(動画でポートレート)
動画ズーム機能2倍の光学ズームアウト
最大3倍のデジタルズーム
2倍の光学ズームアウト
最大3倍のデジタルズーム
ProResビデオ撮影
フロントカメラƒ/2.2絞り値ƒ/2.2絞り値
ビデオ再生19時間
17時間(mini)
17時間
15時間(mini)
eSIM○(デュアル)
厚さ7.65mm7.4mm

 このように、通常版で改良されたのが

  • ディスプレイ(輝度)
  • 電池の持ち時間が2時間プラス。(ビデオ再生の場合)
  • カメラのハードはセンサーシフト手振れ補正のみの追加、他は基本性能同じ。
  • カメラのソフトはナイトモードやシネマティックモードなどを追加。

というように、ソフト面での改良がほとんどです。iPhone12ユーザーでこれらを必要としない場合は買い換える必要はないでしょう。

 とはいえ、12 Pro Maxにある手振れ補正やProのナイトシフトが搭載されているので、これらが欲しい場合は買い替えです。

そんなに性能差に開きがないiPhone12 Pro Max。

 もう一度、iPhone12 Pro、iPhone12 Pro MaxおよびiPhone13 ProとiPhone13 Pro Maxの比較を掲示します。

iPhone13
Pro
iPhone12
Pro
iPhone12
Pro Max
サイズ6.1
6.7
6.16.7
CPU/GPUA15
5コア
A14
4コア
A14
4コア
最大輝度(標準)1,000ニト800ニト800ニト
最大輝度(HDR)1,200ニト1,200ニト1,200ニト
120Hzレート
レンズ望遠:ƒ/2.8 絞り値
広角:ƒ/1.5 絞り値
超広角:ƒ/1.8 絞り値
望遠:ƒ/2.0 絞り値
広角:ƒ/1.6 絞り値
超広角:ƒ/2.4 絞り値
望遠:ƒ/2.2 絞り値
広角:ƒ/1.6 絞り値
超広角:ƒ/2.4 絞り値
ズームレンジ6倍4倍5倍
写真ズーム機能3倍の光学ズームイン
2倍の光学ズームアウト
6倍の光学ズームレンジ
最大15倍のデジタルズーム
2倍の光学ズームイン
2倍の光学ズームアウト
4倍の光学ズームレンジ
最大10倍のデジタルズーム
2.5倍の光学ズームイン
2倍の光学ズームアウト
5倍の光学ズームレンジ
最大12倍のデジタルズーム
センサーシフト
手振れ補正
ナイトモード
HDR433
マクロ撮影○(2cm)
フォトグラフスタイル
シネマティックモード
(動画でポートレート)
動画ズーム機能3倍の光学ズームイン
2倍の光学ズームアウト
最大9倍のデジタルズーム
2倍の光学ズームイン
2倍の光学ズームアウト
最大6倍のデジタルズーム
2.5倍の光学ズームイン
2倍の光学ズームアウト
最大7倍のデジタルズーム
ProResビデオ撮影○(128GBは1080p)
フロントカメラƒ/2.2絞り値ƒ/2.2絞り値ƒ/2.2絞り値
ビデオ再生28時間(Max)
22時間
17時間20時間
eSIM○(デュアル)
厚さ7.65mm7.4mm7.4mm

 12と13で違うのは以下の通り。(新機能除く)

  • レンズ性能。特に光学ズームインが2.0(2.5)倍から3.0倍に。
  • Pro Maxにしかついていないセンサーシフト手振れ補正がProにもついた。
  • GPU

 こうやってみると、iPhone12 Pro Maxは通常版と比較してさらにそんなに変わっていないことがよくわかります。

 よって、iPhone12 Pro Maxからの買い替えはダウンサイジングでない限り不要と考えます。iPhone12 Proは手振れ補正が必要と判断したら買い換え。

 とはいえ、マクロ撮影は結構魅力的だったりします。w

スマホの劇的な進化は近年ない。

 今回のiPhone13シリーズを見て、やはり劇的な進化はないというのを改めて痛感しました。

 CPUや処理性能はiPhoneだと過剰スペック(その分OS保証も含めて長持ち)で、他のAndroidスマホも含めたスマホはもはや頭打ちになっています。

 だからアップル含め「カメラ」「電池持ち」「サイズ」を大きくアピールするのです。iPhone12シリーズの時も例外ではありません。

 ただ、iPhone12シリーズはデザインがiPhone5sまでのものに戻った&miniが出るというので話題になりました。それ以外は今まで通り。

 iPhone13はいわばiPhone12sのようなものなので、iPhone12のように興奮したかといえばそうじゃないのが本音です。

 そう考えたら、目的がない限り毎年買い換えるっていうのも実は考えものだったりします。ま、iPhoneはリセールバリューがいいので買い替えやすいのがメリットなんですけどね。w(それでも1年目の減価償却費4万円ほど)

まとめ。

 以上から

  • サイズ、カメラ、電池、容量(今回は解説せず)など今の自分に必要な機能がない限りは不要。
  • 特にiPhone12 Pro Maxからの買い替えはダウンサイジング以外で買い換える価値は微妙。

 実際のライフスタイルを吟味して買い換えるというのはアリなんですが、基本的にあまり変わらないし、カメラが進化したところでどこまで使うのか?ということを考えたら別に買い換える必要はないということになります。

 iPhone12 Pro Maxはそこまで機能が改善されているわけではないので、ダウンサイジングや欲しい機能や容量増量を除けば特に買い換える必要もないでしょう。

 もちろん、マクロ撮影やリフレッシュレートなど羨ましい機能はいっぱいあるけどね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP