【自動車】試乗できる機会があったので試乗してみた。【アクア、ヤリスクロス、ハリアー】

 いつもご覧いただき、ありがとうございます。

 先日、とあるディーラーのお店で「試乗できます」ということで試乗してきました。

 試乗した車はアクア、ヤリスクロス、そしてハリアーです。勿論数分しか乗ることが出来なかったのでファーストインプレッションですが、わたしの感想を述べてみようと思います。

 なお、今後の買い替えの参考にもなっているので、それも併せて述べます。

アクア:自動駐車対応。(ヤリスシリーズと比較して)

 今回乗ったアクアはXグレード。自動駐車が搭載されていたので、非常に魅力的でした。

 内装の質感は所持してるヤリスハイブリッドZと比較したら当然悪いです。インドア部のアームレストはフェイクのハードプラ(G以降は合皮)です。

 運転の音はヤリスと比較して少し静かで振動も抑えられていました。ただ、それだけで他はヤリスとあまり変わりません。

 ワンペダルは検証できませんでした。すみません。

 自動駐車はつけたら付けたで非常に便利です。アクアはプリウスと同じ電子シフトを採用しているので、ヤリスやヤリスクロスと異なりボタンを2回(タッチパネル含む)押すだけで駐車ができます。これは非常に便利ですね。

 また画面がきれいになるので、駐車支援を使わなくても装備する価値はあるかもしれません。てか逆に通常のパノラミックビューモニターもこれぐらいきれいにしてほしいところ。(今はヤリス、ヤリスクロス、アクアの特権)

ヤリスクロス:電動パーキングはやはり便利。

引用先:トヨタ公式

 契約後に存在を知ったヤリスクロスに初試乗。グレードはガソリンZ。

 やはり電動パーキングはすごく便利で、Pにすると自動的にサイドブレーキがかかります。また、ブレーキホールドをONにすると停止時に「HOLD」が表示されたら停止保持ができるのが非常に便利です。

 いちいち停止時にサイドブレーキを引く手間が省けるのは便利。渋滞対策はばっちりですね。クルコンの車速対応もできるし。

 また、ホイールが大きくなっているのでノイズとかどうなるかと思ったんですが、意外とノイズは乗らず快適に走れています。もちろん車高が高いので見やすい

 ヤリスクロスがバカ売れしてるワケが分かった気がします。ヤリスはこれらの装備がない上に価格が高い。(30万円プラスしたら買えるため)

ハリアー:質感は素晴らしいが・・・

引用元:トヨタ公式

 あわせて高級SUVのハリアーにも乗ってみました。グレードはハイブリッドS(下位グレード)。

 アクアやヤリス、ヤリスクロスと比較すれば当然内装の質感がよく、後席の膝周りは広いです。(アクア、ヤリスクロスはヤリスとほぼ同じ(ドライビングポジション設定後))

 運転はがっしりした乗り心地でしたが、一つだけ気がかりだったのはアクセルペダルに振動があったこと。ヤリス、ヤリスクロス、アクアでは感じなかった違和感がありました。今回試乗した車だったのか、仕様なのかわかりません。

 後はパノラミックビューモニターやシートヒーターがつけられないことをお客さんからよく言われるそうです。どうしてもこれらが欲しい場合は上級グレードのZ(パノラミックビューモニター)、さらにレザーパッケージ(シートヒーター)が必要になるので余計お金がかかり、下手すりゃ同じトヨタのレクサスUXが買える値段。(ただし、下位グレードはファブリックなので注意)

 レクサスが出る前はプレミア感があったものの、現在は微妙な立ち位置になってる印象も受けてしまいます。ただ、乗り心地は(アクセルペダルの振動を除けば)非常に良かったです。

ヤリス:やっぱり振動が多いな。(欧州に合わせてると改めて実感)

 前提として、現在の走行距離が5,800kmオーバーしている上にホイールを変えています。

 それを踏まえて同じルートを走ったら前3台と比較して振動がやはりすごい

 前々から通勤時に通る道路のグレーチングの振動がモロに響いているので、改めてロードノイズが酷いことが分かる。

 まぁ、こなれたのか、もしくは欧州の走りが主になるため、このような硬さになっているのかもしれません。あと上記3台は数分しか走っていないので、そこまで感じなかったのもあるかもしれません。

 ただ、ヤリスはさっさと電動パーキングの入ったものに改良して欲しいと思いました。特にハイブリッドはアクアが出たのでそれに置き換わる可能性は非常に高いと思います。これは店員さんも「アクアが出てからそっちに流れている」とおっしゃってました。

 ただ、特権としてミッションとガソリンモデルが用意されていることかな?

 しかし、ミッションは(めっちゃ高額になるけど)GRヤリスもあり、ガソリンモデルはヤリスクロス(しかも電動パーキング)にもあるので、結果的に中途半端な立ち位置になってるのも否定できません。

 ただし、GRヤリスはパノラミックビューモニターが装備できないのが欠点ですけどね。(ブラインドスポットモニターは装備できるけど、Toyota Safety Senseとセットで25万円と非常に高額。)

 11月に発売予定のライズハイブリッドも電動パーキングが入る上に価格もヤリスZとそんなに変わらないので、ヤリス(下手すりゃヤリスクロスも)を買うアドバンテージが徐々になくなってるのも事実です。そのためにも最低でも電動パーキングは用意すべき時期に来ているのかもしれません。(やっても2022年春頃かも)

ダッシュボードの質感について。

 ちょっと余談。

 よくヤリスは質感が悪いと酷評を受けますが、上級グレードのZはダッシュボード上部にソフトパッドが使われています。(ヤリスクロスもGとZは使われている)

 また、当初ヤリスは下部のハードプラ部にドア部と同じフェルト素材を使う予定はあったそうですが、暑苦しくなるかもということでハードプラになったといういきさつがあります。その結果質感はフィットに大敗を期します。

https://response.jp/article/2020/04/24/333969.html

 ハリアーやカローラクロスも見てきたのですが、どちらも下部にソフトパッドが使われ、上部はハードプラになっているので、ヤリスシリーズとテレコになっておりそんなに変わっていないことが分かります。それでもヤリスの質感はアクアと比べてしょぼいといわれます。

結局ね、デザインなんろ?

 アクアやハリアーなどはダッシュボードやドア部にステッチが施されており、さらにピアノブラックのプラスチック、合皮やソフトパッドもふんだんに使われているので質感が良いといわれます。

 ヤリスシリーズはそれらが見受けられない(orように見える)からしょぼいと指摘を食らうのです。結局デザイン。

これらを見て・・・

 買い替えるか?といえば、Noです。

 理由はヤリスから買い替えるほどでもないから。

 アクアは質感がヤリスよりもいいといわれていますが、それ以外はヤリスハイブリッドと殆ど変わらないのでヤリスから買い替えるまででもないかな?いわばiPhone12 Pro Max(ヤリス)とiPhone13 Pro Max(アクア)の関係。

 ヤリスクロスは内装や後席の広さがヤリスとあまり変わらないため。ラゲッジスペースは広くなったのと電動パーキングが装備されているだけぐらいです。後席の広さを考えたらないかな?

 ハリアーはいろいろ含めて価格が高いこと。後でお話ししますが必要な装備をつけると非常に高くなります。下手すりゃレクサスのSUVが買える値段。さらにアクセルペダルの振動がちょっと気になったかな?

 そういう意味ではカローラクロスやライズハイブリッド(11月発売予定)が気になるところです。しかし試乗したお店のカローラクロスはナンバープレートが登録されていなかったので試乗できませんでした。

実際買い替えるのにほしい装備。

 いつになるかわかりませんが、ヤリスから買い替える際に欲しい装備と理由は以下の通りです。

シートヒーター冬場の通勤時に早めに温めたいため。
360度モニター死角になってる部分の補助。
(特に助手席側のサイドミラー。)
ブラインドスポットモニター隣の車線からの車を認知するため。
電動パーキング渋滞時の負担軽減。
合皮シートor本革シート質感向上。
アルミホイール鉄チンホイールとキャップがうんこ。
車高が高い視認性向上。
収納スペースやっぱり多いほうがいい。

 価格も含めそれを考えたらバランスがいいのはヤリスクロスやカローラクロスになるわけです。自分のヤリスは上記3つしか装備していないので、今後のことを考えたらこれらの装備があった方がいいと思います。

 まぁ、近い将来ではないので、いつになるかわかりませんが、今後ヤリスやヤリスクロスも改良されるでしょうし、C-HRの進退も気になるところですし。

やっぱり色々乗ってみて今後の糧、目標にする。

 今回試乗してみてヤリスよりも運転性能等は同等かそれ以上ということが分かりました。

 これをみて今後数年後に買い替えをどうしても検討しなければならないときに参考になりました。またそれと同時に「これを絶対に買ってやる」という目標も立てることにしています。

 今回試乗した車を購入予定はありませんが、今後出る車でパーフェクトな車種が出るのであれば、ヤリスと引き換えに買ってもいいんじゃないかな?と思います。

 それまではヤリスで頑張りますよ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP