【ガジェット】安い中古スマホで動画とか色々して大丈夫か?【専用機材は欲しいが】

 いつもご覧いただき、ありがとうございます。

 先日、メディアプレイヤー専用という理由で購入したXPERIA XZ1。このスマホは新品でなく中古で購入したものです。

 現在でも普通に稼働していますが、ふと思ったことがあります。それは

安い中古スマホで動画撮影とか大丈夫か?

ということです。

 本日はその安い中古スマホで動画とかスマホの機能を使っても大丈夫かを考えます。

結論。

 結論から言えば、リスクをしっかり理解しておけば大丈夫。そのリスクを十分に理解できない場合は未使用や新品、もしくは専用機を買った方がいいです。

 なお、このブログを通じて購入して不備等が出ても苦情は受け付けませんので、ご了承ください。自己責任でお願いします

近年中古スマホ市場が盛んらしい。

 近年、スマホの価格が高騰している影響なのか、中古スマホ市場が賑わっています。

 高いから中古で少しでも安く抑えたいユーザーから着せ替えのごとくSIMを入れ変えては使ってる方もいらっしゃるそうです。

 わたしも過去にiPhone7(128GB)などを購入したこともあることから、たまに使うことはあります。ただ、メインスマホはiPhone7(128GB)を除き全て新品もしくは未使用を使っています。基本的にサブ機として運用することが多いですね。

ハイエンドスマホでも1万円以下で売られている。

 iPhoneだろうがAndroidだろうがハイエンドスマホでも5年ほど前のものなら1万円を切ることがあります。

 ただ、iPhoneはリセールも高いということでiPhoneSE(第1世代)の16GBですら1万円オーバーすることがあるので安価で買うにはなかなか難しいところです。

 それに対し、Androidスマホは今回購入したXZ1も含め1万円以内で購入することができています。XZ1と同性能のXZ Premiumも1万円前後で購入が可能。通話やネット以外だとこういった中古スマホも選択肢に入ります。

ハイエンドスマホを安く購入してQOLを上げるという見解。

 XPERIA XZ1は2017年に発売されたスマホですが、現在でもネット接続(セキュリティ面によるもの)を除けば十分に使えます。

 特にメディアプレイヤーとしては遺憾無く発揮、LDACといった高音質BT規格で聞くことができます。はっきりいってウォークマンいらず。

 物によっては4K撮影も可能なので、それを目当てに導入するのもありです。XZ1もある。

 ここではXZ1で取り上げましたが、もちろん他のメーカーのスマホでもハイエンドが安くなってたら基本的にアリです。(高性能なチップなどは期待できません)

注意すべきこと。

 しかし、ハイエンドスマホを中古で購入するにしても、注意すべき点はあります。それらを理解した上で購入や検討するべきと考えます。

電池。

 まず考えられるのは電池です。

 中古スマホなので、少なからず電池を酷使しています。場合によっては8割までなっているものもあります。

 当然ですが、そういったスマホはすぐにダメになります。電池交換にしてもiPhoneの場合だったら現行モデルだと8,140円で交換できますが、Androidの場合だとそれは基本的にキャリアでの交換になることが多いため、やるにしても使い捨て感覚になります。

 また、電池も過去に公式じゃなくて有志の専門店や自分で交換した場合、品質の面でも問題はある。電池は少なくとも公式で変えるべきというのはそのためです。過去にスマホが爆破したケースとかもあります。

 さらに言えば、iPhoneは公式以外での交換はバッテリーの劣化具合がわからなくなるというのがあります。それも理由になる。

ディスプレイ。

 次にディスプレイ。

 ディスプレイも使い道によっては暗くなったり画面焼けを起こしているものがあります。そういったものがあれば目的の使い道でもポテンシャルが発揮できない場合が出てきます。

カメラレンズ。

 写真や動画撮影をしたいユーザーはさらに注意すべきはカメラ。

 近年のカメラはより進化していますが、それでもレンズが白飛びしている可能性もゼロではありません。

本体そのものの劣化。

 安い中古スマホは総じて劣化が激しい。

 上記に加え、画面が割れているとかどこか欠けているとかは当然のようにあります。

 それ以上に使用することによる劣化は当然避けられないから、どこかガタが来ているのは当然でしょう。

 ただ、それでも割れすぎているのは使い物にならないのでジャンク扱いになるでしょうし、赤ロムが出た場合は無条件で交換保証があります。(個人間は別)

中古スマホ購入はもはやギャンブル。

 スマホの状態は見た目も含めどうなっているかはこちらでは全くわかりません。

 特にネットで購入する際はみえないので文字通り賭けになる。

 

 このように、中古スマホを購入するのはハイエンドでも安く買えるというのがありますが、これらのデメリットを十分理解しない限りはおすすめしません。

ネット接続等で注意すべきこと。

 中古スマホは安いからって安易に飛びついてしまえば文字通り「安物買いの銭失い」になります。

赤ロム。

 赤ロムとは中古スマホの「本来の」所有者がキャリアに支払ってるローンが払いきれずに止められたスマホ。

 そうなってしまえばネットワーク通信に制限かけられてしまい、ネットを使うことができなくなります。

 一般的なお店では赤ロム補償が備わっているので、購入してもレシートや保証書は保管した方がいいですね。

セキュリティ。

 iPhoneは5年強、Androidは3年と言われています。そのセキュリティがなくなった場合、ネット接続による不正アクセスやウイルスの侵入が懸念されます。

 もちろん、ウイルスソフトを入れるって手段もありますがね。

アプリ非対応。

 OSのVerが上がれば、古いVerのOSは非対応になります。

 そうなれば古いスマホを購入しても本来導入したいアプリが入らないということも考えられます。

 欲しい中古スマホがあっても必要なアプリが入れられないことがあるので注意が必要です。現実わたしが所有しているiPad 2はすでにapps storeに入ることができず、ダウンロードすらできません。この時点で完全に詰んでます。

SIMロック解除。

 あと忘れちゃダメなのがSIMロック解除。

 近年はSIMロック禁止でSIMフリーが普通になっていますが、それでも中古スマホはSIMロックが入っているものが多い。

 ただ、それでも一部中古スマホの中にはSIMロックが解除されているものがあります。安いからといって飛びつくのは危険。

 理由はバンドがないから。

 いくらSIMロックを解除しても該当するバンドがなければ結局意味がありません。これは特にキャリアスマホで起こる現象。例えばKDDIのタフネススマホやインフォバーをドコモやソフトバンクで使おうとしても、一部エリアで使えないというケースが出るというものです。

 特にプラチナバンドのエリアや楽天モバイルのユーザーは要注意です。前者はそれぞれのキャリアごとに異なるバンドだし、後者はそれ以前にバンドが少ないため。

 だから、中古スマホを買うにしても同じキャリアのものを買うのが無難です。なお、iPhoneなどの海外スマホ(キャリアスマホなど一部除く)はどのキャリアでもほとんどのバンドが標準装備されているそうです。

わたしが実際購入した中古スマホ。

XPERIA XZ1。

 これについては過去記載しているので、そちらを参照。

 このスマホそのものはKDDIでありわたしはKDDI回線でないため、通常の通話用としての利用は難しいのです。

iPhoneSE(第1世代)

 元は通話用の小さいスマホということで2020年5月に購入。通話のみのためそこまで必要としていませんでした。

 欠点は防水防塵機能がないのと、手に持って電話するときにやりづらいと感じたから。そのため現在は通話用をiPhone7(32GB)に置き換わり、ミニタブレット(ラジオ)として余生を過ごしております。

iPhone7(128GB)

 iPhone5sからの置き換えです。こちらも中古で購入しました。XPERIA1導入までのメインスマホとして活躍しました。128GBにしたのは今後を見据えての大容量。

 メインスマホ(ネット用)のため、SNS投稿などはこのスマホで行っていました。

 問題なく使えたのですが、安いスマホだったために「外装が欠けまくってる」「電池の劣化が激しい」「画面焼け」がありました。

 電池については最終的に公式ショップ(アップルやカメラのキタムラなど)で交換しています。あとSIMロック解除済みなので、どこのキャリアでも電話やネットは可能。(ただ、SIMカードによってはできないとか)

 XPERIA1導入後は音楽用プレイヤーとして余生を過ごしています。

買うならどこがいい?

 問答無用で著名なお店。具体的にはGEO、イオシスなど。

 わたしはGEOやイオシスで購入したことがありますが、どちらも中古スマホ出荷前に厳重なチェックをしています。

 赤ロム補償はもちろん、中古スマホの保証も数ヶ月あります。ただ、新品で購入するよりも期間は短いので注意が必要。(イオシスさんの場合は中古が3ヶ月、未使用が半年です)

 個人売買やオークションだとその辺りが弱いので、壊れた時に泣き寝入りすることがあります。そういう意味を考えたら管理体制が整ってるお店で購入するのがいいとわたしは判断します。

 なお、回しもんじゃないよ。

しっかり理解しておけば中古スマホという選択はあり。

 まとめです。

 上記のリスクを十分理解した上で目的があれば中古スマホもありです。

 リスクははっきりいって賭けとも取れるので、なかなか難しいところです。そのため中古スマホ販売体制がしっかりと整ったお店で購入するのが無難です。

 それさえ理解しておけば、安い値段で高性能のスマホが手に入り、色々楽しめるというわけです。

 そういったのがあるから、中古市場は盛んになってると思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP