【映画】デリシャスパーティプリキュア・夢みるお子様ランチレビュー。【ネタバレ注意】

 いつもご覧いただき、ありがとうございます。

 先日、引っ越し作業も少し落ち着いたのでデリシャスパーティプリキュア(朝日放送)の映画を見てきました。本日はそのレビューです。

 本日のブログはネタバレ要素がありますので、ご覧になりたくない方はブラウザボタンの「戻る」等をしてお戻りください。

今年は1回だけの単独映画。

 昨年のトロピカルージュプリキュア(朝日放送)の単独映画のエンディングの後でも告知があったように、次回のプリキュア映画は2022年秋にすると発表しました。つまり今回の映画です。

 例年ならオールスター映画を春、単独映画を秋と年2回封切るのが定番でした。これは2009年のフレッシュプリキュア(朝日放送)から2020年のヒーリングっどプリキュア(朝日放送)まで続いていました。

 ただ、2020年はパンデミックの影響で春から秋に変更。ヒーリングっどプリキュアの単独映画は2021年春に変更しました。

 今回はパンデミックの影響ではなく、ただ単にオールスター映画をやめたという説が濃厚です。実際近年のオールスター映画は直近2作(ヒーリングっどプリキュアならスタートゥインクルプリキュア(朝日放送)とHUGっとプリキュア(朝日放送))と規模を縮小。 

 ヒーリングっどプリキュアとトロピカルージュプリキュアは単独映画でそれぞれYes!プリキュア5(朝日放送)とハートキャッチプリキュア(朝日放送)がゲスト出演。単独映画だけならキラキラプリキュアアラモード(朝日放送)における魔法つかいプリキュア(朝日放送)が出たため実績があります。それをオールスター出演とカバーしているんじゃないでしょうか?

 で、今回の映画については本編はスタートゥインクルプリキュア以来の単独で、ミニ映画でスタートゥインクルプリキュアから3作のメンバーがゲスト出演する程度(トロピカルージュ以外は声無しあり)にとどめています。

 コストカットがぬぐえなかったと感じた前作ですが、今作はどうでしょうか?

ゲスト声優は花江夏樹さんと和牛のお二人。

 今回のゲスト声優はおはスタ(テレビ東京)のメインキャスター及び1億人の大質問 笑ってコラえて!(日本テレビ)のナレーターとして知られる花江夏樹さんとM-1グランプリ(朝日放送)でファイナリスト常連(2021年で参加資格を失う)だった和牛のお二人。

 花江さんは今回の映画のキーキャラである「ケットシーさん」。どんなキャラ?ですが、ネタバレになるのでここでは省略します。

 和牛のお二人は舞台に登場するロボット役(案内役、料理人、警備など)です。ちなみに水田信二さんは調理師免許を所有し、漫才師になるまでは飲食店でお仕事されていました。

あと、和牛と言えば和牛のA4ランクを召し上がれ!(南海放送)ですが、そこで宣伝したかどうかは不明。そもそもRNB南海放送は日本テレビ系列なのでテレビ朝日系列のプリキュアの宣伝をするかと言えばビミョーですが。wwwww

 今回の映画では花江さんがキーキャラなのにトメ(最後にクレジットされる出演者)は和牛というなんともはやなクレジット表示でした。

朝日放送等による宣伝。

 今回の映画公開に合わせていろんなところで宣伝しています。

 イオンモールでは「うどんのレシピッピ」がゲットできるキャンペーンを開催。もちろん関連アイテム(ハートキュアウォッチ)が必須になりますが、欲しいユーザーはゲットするといいでしょう。(愛媛は新居浜まで行かないといけないが・・・)

 そのうどんも香川県発祥の吉野家系列である「はなまるうどん」とコラボ。500円でアクリルスタンド付きのうどんが食べれます。映画内でもはなまるうどんのロゴがありました。

 他にも西武鉄道やいなげや(イオン系列のスーパーマーケット)などコラボがありますが、長くなるので省略します。

 プリキュアを制作している朝日放送は映画公開当日の9月23日にDAIGOも台所〜きょうの献立何にする?〜(朝日放送)にてキュアプレシャスが登場。司会のDAIGOさんは今回の映画にちなんだ料理に挑戦していました。(内容は映画のものと異なります)

 プリキュアのテレビ放送における宣伝はOPEDや一般的な宣伝にとどめており、花江さんや和牛のお二人が出てくる回はありません。ただし、9月24日放送分でメンバーがクッキングダムから帰る際に直近3作のプリキュアの姿を目撃します。(これが映画の宣伝もちなんでいるかも)

 ここまでが事前情報です。ここから本編の内容に入ります。ネタバレが入りますので嫌な方はブラウザの戻るなどでお戻りください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それでは参ります。

【ネタバレ要注意】本作の内容。

 今回も実際見ていただきたいので、簡潔にまとめます。

  • 映画内の食堂で映画を見る設定。そこで注意事項をキュアプレシャスが説明。
  • ナレーターの宮崎美子さんによるキャラクターの紹介兼OP。
  • 少女が謎の少年を捕まえ、その少年に「お子様ランチ」をご馳走をします。
  • そのシチュエーションを夢で見た主人公のゆい。
  • 目が覚めたと同時においしーなタウンにテーマパーク「ドリーミア」が開園。子供は無料で遊び放題、食べ放題とのこと。
  • ゆいたちはドリーミアに遊びに行こうとしたら妖精のパムパムとメンメンが人間化。7人で遊びます。(あまねはジェットコースターでキャラ崩壊するw)
  • ローズマリーもドリーミアに入ろうとしたが、大人なので立ち入りが出来ず、警備ロボットによってダストボックスに放り込まれる。ゆいたちが助けようとしたが一緒に落ちる。
  • 地下でコメコメたちと離れ離れになり、ローズマリーもぬいぐるみになってしまう。
  • コメコメたちが連れ去られた場所に園長のケットシーが現れる。ケットシーはお子様ランチを作り、コメコメたちは舌鼓を打ちます。
  • ゆいたち(あまねのみキュアフィナーレ継続)はブラックペッパーと一緒になり、ブラックペッパーはローズマリーを探し、ゆいたちはコメコメを探しに行きます。
  • 一方でケットシーはローズマリーと同じようにドリーミアの入り口で子供たちの帰りを待つ親(大人)たちをぬいぐるみにします。
  • ケットシーは「純粋な子供だけの世界を作る」を躍起になる。それを止めるためにゆいとコメコメは考える。
  • ケットシーはデリシャストーンの力によってドリーミアを巨大ロボットにします。
  • ブラックペッパーはローズマリーを(元に戻して)救出。合流後ローズマリーはデリシャスフィールドでバトルフィールドを作る。(テレビ本編と同じ)
  • ケットシーは「発明したエネルギーをみんなの笑顔」に使いたかったが、大人たちによって悪用されそうになり、それ以降信用できなくなった。
  • ゆいとコメコメたちはプリキュアに変身し、戦います。
  • 映画限定の「お子さまランチドレス」にチェンジし、必殺技を放ちケットシーを撃破。
  • ケットシーは「汚い大人になったからお子さまランチは食べてはいけない」と思っていたが、「お子さまランチは誰が食べてもいい」とコメコメがつたえる。
  • お子さまランチをキュアプレシャス、コメコメと食べたあとケットシーとドリーミアは消滅。
  • ケットシーは人間に戻り、どこかの飲食店で修業している。
  • そう、最初の謎の少年がケットシーなのです。
  • 本編終了後、「わたしだけのお子さまランチ」と題して直近3作のプリキュアが登場。

【ネタバレ要注意】気になったこと。

◎:啓蒙漫才が復活!

 前作のトロピカルージュプリキュアでは本編開始前の注意事項を説明する、いわゆる「啓蒙漫才」がありませんでした。(ヒーリングっどプリキュア単独も1枚画面のテロップのみ)

 個人的にこのコーナーは映画のお約束であるために正味がっかりしました。

 さて今年はというと、なんと復活しています。昨年「ミラクルライトがなくても別の説明ができたはず」と書きましたが、今回それが実現しています。

 もちろん今回もミラクルライトは(パンデミックのあおりを食らって)ないのですが、入場者特典はちゃんとあります。(チビッコのみ)

 で、説明は「基本的な映画視聴の注意点」なので、あった方がいいのはいうまでもありません。まぁ、今回はキュアプレシャスだけですけどね・・・(過去に妖精が登場して爆笑シーンを出してたw)

?:主役はゆいとコメコメ。

 プリキュア単独映画の構成は3つあり、「主人公中心」か「追加戦士中心」か「全体」かに分かれます。今回は主人公中心です。

主人公中心追加戦士中心全体
ふたりはプリキュア
ふたりはプリキュアMaxHeart
ふたりはプリキュアMaxHeart2
ふたりはプリキュアSplashStar
Yes!プリキュア5 GoGo
ドキドキプリキュア
ハピネスチャージプリキュア
スタートゥインクルプリキュア
デリシャスパーティプリキュア
スイートプリキュア
キラキラプリキュアアラモード
トロピカルージュプリキュア
Yes!プリキュア5
フレッシュプリキュア
ハートキャッチプリキュア
スマイルプリキュア
Go!プリンセスプリキュア
魔法つかいプリキュア
HUGっとプリキュア
ヒーリングっどプリキュア

 今回は和実ゆい(菱川花菜さん)とコメコメ(高森奈津美さん)中心のお話になります。

 ゆいは小さいときに人間体のケットシーと出会い、お子さまランチをご馳走します。そこで描いた旗を見て「その子はあたし」と公言します。

△:和牛の存在感があまりない。

引用元:RNB南海放送

 ゲスト声優の和牛のお二人ですが、ドリーミアで稼働するロボット役だったのか、水田さんと川西賢志郎さんの特徴があまりつかめませんでした・・・

 どうやら調べてみると水田さんは料理人ロボットの役もやっていたそうですね。

 それなのに花江さんじゃなくて和牛がトメとは・・・(ヒーリングっどプリキュアは高木渉さんが敵役だが、勝生真沙子さん(こちらも敵)がトメ。)

?:映画限定フォームはあるけど、テレビ本編のフォームも出る。

 毎年恒例の映画限定フォームですが、今年も実施。ただ、テレビ本編で9月18日放送で解禁されたパーティアップスタイルがOPに登場。(宮崎美子さんのナレーションが入るところ)

 映画限定フォームはお子さまランチドレスという名称で終盤に変身します。今回は前作がハートキャッチプリキュアのスーパーシルエットをベースとしていましたが、今回はお子さまランチです。

 人間体になる妖精(コメコメのみテレビ本編にて少女体になる)にもプリキュアに変身し、このドレスを着用します。

 お子さまランチだからポップに仕上がっています。前作がシャープなデザインだけあり、大幅に異なっています。

 以下に過去作の映画とテレビのフォームを明記します。太字は主人公(初代、MH、SS、スイート、魔法使いはダブル主人公体制)のみが着用。

テレビ単独映画AS映画
ふたりはプリキュア
ふたりはプリキュア
Max Heart
スーパープリキュア
ふたりはプリキュア
Splash Star
ブライティブルーム
ウインディイーグレット
Yes!プリキュア5スーパープリキュア
Yes!プリキュア5 Go Goシャイニングドリームキュアレインボー
フレッシュプリキュアキュアエンジェルキュアエンジェルピーチキュアレインボー
ハートキャッチプリキュアスーパーシルエット
無限シルエット
スーパーシルエットキュアレインボー
スイートプリキュアクレッシェンドプリキュアクレッシェンドキュアメロディキュアレインボー
スマイルプリキュアプリンセスフォーム
ウルトラプリキュア
ウルトラキュアハッピー
ドキドキプリキュアエンジェルスタイル
パルテノンモード
エンゲージモード
ハピネスチャージプリキュアイノセントフォーム
フォーエバーラブリー
スーパーハピネスラブリー
Go!プリンセスプリキュアドレスアッププレミアム
ドレスアップロイヤル
グランプリンセス
モードエレガントハロウィン
魔法つかいプリキュアアレキサンドライトスタイルハートフルスタイル
キラキラプリキュアアラモードアラモードスタイルスーパープリキュア
HUGっとプリキュアチアフルスタイル
マザーハートスタイル
スタートゥインクルプリキュアトゥインクルスタイル星座ドレス
ヒーリングっどプリキュアスペシャルヒーリングっどスタイルパートナーフォーム
スーパーグレース
ドリームキュアグレース
トロピカルージュプリキュアエクセレン・トロピカルスタイルスノークリスタル・トロピカルスタイル
デリシャルパーティプリキュアパーティアップスタイルお子さまランチドレス

◎:キュアグレースとキュアラメールが同作品で共演!

引用元:フジテレビ

 これは個人的なことですが、キュアグレースこと花寺のどか(悠木碧さん)とキュアラメールことローラ・ラメール(日高里菜さん)がおまけ映画で共演しています。

 演じている悠木さんと日高さんは元々子役タレントです。さらに言えばあの明石家さんまさんが先生として司会を務めたあっぱれさんま大先生(フジテレビ)のあっぱれ学園の生徒です。

 さんま大先生と言えば悠木さん、日高さん以外にも映画Go!プリンセスプリキュア(朝日放送)に登板した花澤香菜さんやさんまさんの弟子べき存在の内山信二さん、現在も俳優として活躍する加藤涼さん、山崎裕太さん、前田愛さん(キュアアクアの方とは別)など輩出しています。

 そんな悠木さんと日高さんが同じ舞台で、しかもプリキュアとして共演するんだからさんまさんファン(厳密にはBIG3好き)としては嬉しい限りですね。

◎:あまねんのキャラ崩壊。w

 キュアフィナーレこと菓彩あまね(茅野愛衣さん)は他のメンバーより1歳年上の中学三年生の生徒会長。正義感が強くまじめな子ですが、実はオバケがダメ。w

 さらに映画ではジェットコースターに乗ったときにおびえており、その後次のアトラクションを選ぶ際はフラフラになってました。w

 あまねのキャラクターがさらに崩壊した瞬間ですね。

◎:いつも通りのオーソドックスな映画。

 年1になり、コストカットのあおりもあるかもしれませんが、前作同様オーソドックスな映画です。

 前作のシャロン王女(松本まりかさん)は消滅しますが、ケットシーは消滅したと思ったらどこかの飲食店で修業している姿があることから前作よりもハッピーエンドになっていると思います。

 少なくともシャロン王女は消えちゃいますからね・・・

 他は「映画限定フォームでとどめ」「ピンチになる」などいつもの勧善懲悪な展開です。もちろん「目的」もあるわけです。(今回は「お子さまランチと大人の身勝手さ」)

10月15日からは2次特典。

 わたしはもう見たので行かないと思いますが、10月15日より10万枚限定でポストカードがもらえるそうです。種類は4種類でランダム。

 全国的に考えたら少ないと思うので、欲しい方は早めのゲットをお勧めします。

 しっかし、キュアヤムヤムがメンメンの角を操作レバーにしてるの笑えるな。w

まとめ。

 まとめです。

 今回はデリシャスパーティプリキュアの映画について感想を述べてみました。

 内容はいつも通りのオーソドックスな映画です。ファンはもちろん、普通の方が見ても問題はないと思います。

 個人的に和牛があまり目立たなかったのと、啓蒙漫才が復活したのは評価していいと思います。

 まぁ、正直そこまで大きなポイントはないにしろ、いつもどおりの安定した映画と思いますね。

過去の映画レビュー。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP